負担を減らすためのいろいろな工夫

「あひる矯正歯科」では矯正治療を行う際の患者さんにかかる負担をなるべく少なくするようにしています。

子供の矯正治療(混合歯列期)について

子供の矯正治療を行う場合、取り外しのできる矯正装置を使って治療を行っています。

矯正装置が取り外しができることにより、取り付けの装置に比べ虫歯になりやすくなることがなくなります。

*取りは外しのできない装置は歯磨きが難しくなり、虫歯になるリスクが大きくなります。

また、比較的弱い力で顎(歯列)を広げたり歯を動かしたりできますので、痛みも少なく治療を行えます。

取り外しの装置にも工夫をしています。 顎(歯列)を広げるためのネジが装置に組み込まれていますが、特殊なネジを使用しており通常のネジよりも痛みが抑えられるようになってます。

イメージ

大人の矯正治療(永久歯列期)について

「あひる矯正歯科」では治療中の痛みをなるべく減らす工夫をした治療をこなっています。


使用している矯正用のハリガネは形状記憶合金製やコバルトクロム合金製の柔らかいワイヤーを使用しています。また、ワイヤーの交換回数を減らした治療方法で治療を行っています。
ハリガネの交換回数を減らすことにより、患者さんの痛みを軽減することができます。

*通常、ハリガネを交換したときに大きな痛みが発生します。

下あごの突出が強い患者さん(下顎前突症)は、手術を行わないと咬み合わせが治らない場合があります。
しかし、顎変形症の手術は全身麻酔の下で行ったり、手術前後の入院も必要であったり、術後の後遺症(神経のマヒ等)が発生する可能性があったりと患者さんへの負担は大きくなります。

そこで、当院では矯正治療のみで咬み合わせを改善する治療を行っております。これにより手術を回避して歯ならびを治す事ができます。

他院にて手術が必要と診断されたけども、手術を希望せずに矯正治療で歯ならびを治したい患者さんはぜひ1度ご相談ください。