乳歯の矯正

「あひる矯正歯科」では乳歯の受け口の矯正治療を行っています。

通常、乳歯の時期に出っ歯やデコボコがあっても、大人の歯に生え変わるまで様子を見ることが多く矯正治療は行いません。
しかし、受け口の場合は早期に改善することによって下あごの前方成長を抑えることにより、その後の不正咬合の悪化を防ぐことができることがあるため乳歯の状態でも治療を行うことがあります。
かかりつけの歯医者または1歳半・3歳児検診で受け口を指摘された場合や、他院で乳歯の治療はできないといわれた場合は是非1度ご相談ください。

受け口の矯正治療は3歳ぐらいから始めることはできます。ただし、取り外しのできる装置を自分でお口の中に装着しなければならないので、本人のお口の中の不正(受け口)に対する自覚が大事になってきます。4・5歳になると治療に対する自覚が出てきますので、装置を積極的にしようしてくれるようになります。

「あひる矯正歯科」ではマウスピース型の矯正装置を使って乳歯の受け口の治療を行います。マウスピース型矯正装置を日中1時間と夜間就寝時に使用してもらいます。
マウスピース型矯正装置は柔らかい素材でできているので、患者さんへの負担が少なく治療ができます。

プレオルソマウスピース